幸せにしてもらうんじゃない、自分も幸せになろうとする

結婚、出産…それは女性にとって幸せの象徴であり、永遠の憧れですよね!!中々出会いがないから?、いい男がいないから?、と嘆いている間に人生が終わってしまいますよ。

私が思うに、世の中の女性は男性に対して「幸せにしてもらいたい」という気持ちが強い気がします。確かに昔は男性が仕事、女性は家庭、という時代でしたから家を守る上で高収入の男性を求めたり、安定を求めるのは当たり前だったのかもしれません。でも今の時代は、結婚しても女性も働き続け、子供を産んでも1日でも早く職場に復帰したいという人が少なくない時代です。2人で働き、2人で子育て…そう思うと、男も女も平等だと思いませんか?

幸せにしてもらいたい、のではなく一緒に幸せになりたい、と思うことが大切だと思います。相手をお金や見た目で判断し、上から目線で「あの人は収入が…」「顔が微妙…」「会計は割り勘だし…」と文句をつけてばかりの女性が私の周りにもいますが、正直「自分は何様?」と思ってしまいます。

よっぽどモデル体型で佐々木希さんのように美しい見た目の女性ならまだしも、自分のスペックは差し置いて少し図々しいのでは?と感じます。レストランでメニューを選ぶように男を選んでいたら、結局何も食べられず終了??春に亀梨くんが出ていたドラマ、僕運命の人の中でも山Pが言っていましたが、結婚したい人というのは50年先も隣で寝ていて嫌じゃない人だと思います。結局、お金や見た目、身長なんておじいさんになればみんな一緒。(お金は老後に影響ありそうですが笑)

女の子はもっと自分に謙虚になり、男性を受け入れていくべきだと思います。男性を受け入れることで、今度は自分も受け入れてもらえ、その繰り返しの中に幸せがあるのではないでしょうか?

男性に幸せにしてもらいたいのではなく、一緒に幸せになるために自分自身の努力も怠らない、そんな女性が結婚への近道を進んでいけると私は思っています。