毎日家に遊びに来てくれた猫さんが急に来なくなってしまいました

私が住んでいる家に以前、毎日猫がきていました。この猫は、特に誰かの飼い猫だということはない様子でした。地域の方々で代わる代わるご飯をあげていたという話は聞いたことがあったからです。いわゆる地域猫という存在だった猫さんです。

私の家では既に猫を飼っているので、これ以上は飼ってあげることができずにいます。いつも遊びに来てくれるたびに、飼いたいなと思っていながらも、できないものはできないので、せっかく顔を見に来てくれてもただ、声をかけてあげることしかできずにいました。

この猫さんは、私が屋外で庭仕事とか車の掃除をしているときに、すぐにどこかで私の姿を嗅ぎつけて、私の元にやってきます。不思議なことに私の至近距離までは来てくれず、数メートル離れた場所から私をずっと見続けていた猫さんでした。

お近づきになれそうでなれないという距離感を保つ猫さんだったんですよね。
撫でることができそうで、できないという距離をキープしていたのは……。猫さんなりに、こちら側はこれ以上飼うことができないということをきっと見抜いていたからかもしれないです(´;ω;`)

私はご飯をあげることはできませんでしたが、それでも何故か私に姿を見せては、猫らしいポーズをとりながら、いつも私の気持ちを明るくさせてくれた優しい猫でした(*´ω`*)

それが最近急にこの猫さんが、ぱたりと来なくなってしまいました(T_T)

一体どこで何をしているのか、不安でしょうがないです。いや、この猫さんにしてみれば、私の飼い猫ではないのだから、どこに行こうが自由だろう、という言い分でしょうし心配される覚えはないよ(´・ω・`) というところかもしれないですよね。

もしかするとどこかで無事に家族になって、みんなと仲良く暮らしているかもしれないからです。

ところで何で私がこんなにこの猫さんのことを気にしているかというと、私が家事をしていたり、庭作業をしていたりすると、私の作業の応援にくるからです。

5mくらい離れた場所から私をじっといつも見ています。外を歩いていれば、急に丸くなってお腹を見せてゴロゴロしたり、作業の様子を見守ったりしてくれるので、そんな姿をしょっちゅう見せてくれたのに、急にいなくなったら悲しくなるに決まっています(´;ω;`)

とはいえ地域猫さんという噂があるので、やっぱりきっとどこかで家族になって無事に楽しく暮らしていると信じながら、毎日を過ごしています。

きっとそのうちに、どこかのお家の家族になったよ、という話が聞こえてくるかもしれませんよね(*^^*)