結婚したい男性は「40歳で美人」よりも「33歳以下で並」の女性を求めている

30代半ばになって、リアルに焦りはじめ婚活をスタートし、そして、40歳目前で駆け込み結婚&出産を目指す女性の参入がさらに増えていく……。婚活をしているアラフォー女性が多い理由はこれです。しかも、そのアラフォー女性のほとんどがあぶれているというのが現実なのです。

それはなぜか?

年齢にかかわらず、結婚したら子どもを持ち家庭をつくる、「結婚=子ども=家庭」というのが結婚の図式です。この考え方は、男でも女でも基本で、変わりません。

しかし、女性は出産のリミットというものがありますから、結婚に対してのスピード感(切迫感)は、女性のほうが圧倒的に高いというわけです。とくに30代半ばを過ぎた女性たちの切迫感というものはすごいものがあるのです。

ところが、反対に男性は「子どもが欲しいので、できれば若い女性」を希望しているのです。

「子どもが欲しい」と考えている男性が結婚相手として選ぶ女性の年齢はだいたい33歳以下です。おまけしても34歳以下です。出産のリスクや出産後のさまざまなことを考えたら、男性がそう希望するのは仕方のないことです。

もし、あなたが結婚相談所や結婚情報サービスに入会したとしたら、いずれの場合もまずは、インターネットで会員情報を検索し、お見合いを申し込みます。

多くの女性は、「年収600万円以上」「年齢33~44歳」「東京都在住の独身男性」というような項目を結婚相手の条件に検索するでしょう。そして、ヒットした人のなかから写真を見て雰囲気を判断し、お見合いのオファーをします。これが、一般的な結婚相談所や結婚情報サービスに共通しているシステムなのです。

女性の結婚相手に求める条件の最優先検索項目は「年収」です。結婚=安定ですから当然のことといえば当然なのです。

ところが、男性の場合は女性とは違っています。

男性の結婚相手に望む最優先検索項目は「年齢」なのです。

しかも、ほとんどの場合、33歳以下!

在住エリアが多少遠くても何でも、とにかく年齢でヒットした人のなかから”美人”を選びます。

実は、「40歳以上の女性からオファーがあっても紹介しないでほしい」と、結婚相談所に事前に依頼をしている男性もいるほど。

「私は美人で昔はミス○○で、一流企業に勤めていて年収800万円だから、最低でも年収1000万円以上の37~43歳の男性がいいんです」という40歳の女性がいたら、その女性はとても苦労します。私たち同性からしたら、その女性の容姿や持っているキャリアからみて、さほど贅沢な望みではないのでは、つて思いますよね?

でも、いくら美人でも、40歳以上は写真さえ見てもらえないのです。

年収600万円以上の適齢期独身男性はわずか5.7%。彼女の職場にはその条件の男性はいるでしょう。でも、いまとなってはほとんどの男性が既婚者。20代のうちに社内結婚しておけば難なくクリアできたことなのに、というのはあとの祭りなのです。

アラフォー女性があぶれる理由。耳の痛い話ですが、これが現実です。