長崎は魚がおいしい

以前、友達と二人で長崎に旅行に行きました。

レンタカーを借りて長崎をまわりました。初日は長崎空港から、車で佐世保まで行き、いったんホテルに荷物を置いてから、外に出て夕食を食べることにしていました。

ホテルは山の上にありました。実際車で行ってみると、山道でくねくねしており日も暮れ、しかも霧まで出ていたのでとても大変な道のりでした。また車で山を下りるのは危ないと判断し、ホテルで夕食は取ろうということになりました。

ところが、運悪くレストランは団体客でいっぱいで利用することができませんでした。しかたがないので、ホテルの送迎バスで街まで下り、夕食をとることにしました。

バスの中は何組かお客さんが乗っていました。車内でガイドブックをひろげ、友達とどこで食べようかと相談していました。すると、近くに座っていたご夫婦から話しかけられました。

ご夫婦は地元の方で、ホテルのお風呂に入りにきた帰りだとのことでした。経緯を話し、長崎は何を食べるのがおすすめですかと聞いたところ、やっぱり魚だねとのこと。

ガイドブックには、佐世保バーガー・レモンステーキなどお肉のお店がたくさんのっていたので驚きました。聞くと、長崎は魚が日本で2番目に獲れるところだとのこと。まったく知りませんでした。よかったら、よく行くおいしい魚のお店まで連れて行ってくださるとのこと。

それではぜひ!ということで、バスを降りるとお店まで連れて行ってくださいました。お店で席があいているかまで聞いていただき、大変親切にしていただきました。ご夫婦とはお店の入り口でお別れをしました。

お店に入るとたくさんのお客さんで込み合っています。ご夫婦おススメのいかのお刺身、それとあじなどを注文しました。イカのお刺身は、それはもうおいしかったです。

今まで食べたイカの中で一番おいしかったです。新鮮なものはやっぱり美味しいのでしょうか。地元の方に出会えて非常にラッキーでした。出会えなければ、長崎が魚がおいしいことを知らないまま旅から帰るところでした。